注目の太陽光発電。
これはかなりメリットのあることです。
自宅の太陽光発電装置で発電した電力を自宅で使用する事ができるので、電気料金の節約ができます。
また、自宅をオール電化にすれば、ガス代も節約できるので更に経済的です。
さらに、発電した電力を自宅で消費できず余った場合は、その余った電力を電力会社が10年間、固定の価格で買い取ってくれることも大きなメリットですね。
また地球温暖化などの環境問題、そして原子力発電問題などのエネルギー問題のため、太陽光発電などの再生可能エネルギーの利用を促進するために、国や自治体からの補助金が出るというのも、太陽光発電の導入に役立っています。
しかし、太陽光発電、なんでもかんでも設置すればいいというものではありません。
やはり失敗しない太陽光発電の導入の方法がありますので、よく調べて比較した上で設置導入を考えるべきです。
太陽光発電システムは設置する時は、設置コストなどの初期費用だけではなく、設置後の電気代節約や売電収入、そして・ローン費用なども含めて検討をして下さい。
特に、発電量や発電効率、設置後の経済メリット等に設置条件が大きく影響しますので、屋根の大きさ、屋根の方角、地域の天候、特に日射量などについてよく調べて発電量シミュレーションなどしてみることが大切です。
また、どのメーカーの装置がいいのかというのも大切です。
確かにメーカーによって発電量の違いはありますが、設置コストなどと組み合わせて比較することが必要です。
また、どのメーカーも出力保証・機器保証はついていますが、 自然災害補償や雨漏れ補償については、販売店や施工会社によるので、その点は確認して工事を頼んで下さい。