21世紀も既に10年以上が過ぎて、化石燃料がいずれ枯渇するといわれているなかで何とか電力エネルギーを獲得するための手段を持ってなおかつ環境保護も成し遂げるという、エコライフに対する認識が定着しています。
ところがエコライフにもいろいろな種類があり、一番環境重視で考えるのであれば電気もガスもない時代の自給自足生活に戻るという極端な種類になります。

現代人としてはそこまで究極のエコライフでやっていくには便利さに慣れすぎていますので、電力エネルギーを自在に使えることを条件にしつつも自然エネルギーから電力エネルギーを作り出していくという方向性の、天変地異に強いエコライフを志向します。
そして現在、実用的な発電量としてはまだ心もとないものの、政府の後押しで進められている有望な発電方法は、太陽光発電システムを利用しての発電です。
太陽光はたとえ地震や津波に遭遇した後でも宇宙にある太陽からさんさんと降り注ぐものですので、晴れている限り無限に近い供給が可能な発電システムですから、力強いエコライフの味方であり、限りなく正解に近い選択肢といえます。