21日の日本記者クラブの会見で、
経産相が2013年度には電力の買取価格を引き下げると話しました。
もともと太陽光発電など、自然再生エネルギーの買取価格が42円固定価格は高いと言われていました。
その高い買取価格のおかげで、太陽光発電はこれほど一気に普及した側面もあります。
一度契約すれば10年間固定価格で買取をしてもらえますが、
今後新たに契約するお宅では高い買取価格は望めそうにありません。
太陽光発電など再生可能エネルギーの買取価格引き下げの理由は、
太陽光発電設備の価格が下がっていることを上げています。

初期費用が下がっているため、それほど高い買取価格を設定しなくてもいいということでしょう。
これから群馬で太陽光発電を始めるのなら、今年度中に始めた方がお得ということになります。
高いと言われる42円の固定買取価格で契約することができ、しかも値段が下がっている太陽光発電設備という2つのメリットを、
双方ともに活かすことができます。
確かに太陽光発電設備などの価格は下がってきています。
太陽光発電の普及が目的の買取制度ですから、買取制度がなくても太陽光発電設備に手が届きそうなら、
価格の見直しをしようというのは当然のことなのかもしれません。
いまは太陽光発電の過渡期であり、いまなら高い再生エネルギーの買取価格と、
安い太陽光発電設備のどちらのメリットも総取りすることができます。
群馬で太陽光発電を始めたいと思っているのなら、こんなに太陽光発電を始めるのにメリットが大きい時期はありません。
こんなにメリットが大きいチャンスは、これからそうそう訪れるものではないでしょう。
もちろん、群馬で太陽光発電を始めたいと思うのは、儲けたいからというわけではない場合の方が多いでしょう。
それでもお得に太陽光発電を始められるのなら、そのチャンスを有効に利用するべきだと思います。
もし、いま群馬で太陽光発電を始めたいと考えているのなら、早く決心した方がお得ということになります。