各地域で太陽光発電の設置推進を図っていますが、地域によって向いていないところもあると思います。
例えば、群馬ではどうなのかと個人的に思いました。
何となくイメージ的に、群馬と言うと自然が多く田舎風な感じがするため、現代的な太陽光発電を設置するというイメージが湧きません。

しかし、いろいろと突き詰めて考えていくと、群馬は自然が多く、昔ながらの家も多いことから平屋にソーラーパネルを設置するというのも悪くないと思えるようになってきました。
いかに太陽の当たる面積が広いかによって、当然、そのエネルギーを蓄える容量も違ってきます。
広ければ広いほどいいため、一般家庭であれば平屋が一番いいかもしれません。
また、群馬の中でも特に田舎風なところでは、買い物に出ることも一苦労でしょう。
そんな時に、太陽光発電が設置されていれば、何かと役立つはずです。
電気が使えることで、買い物に頻繁に出なくても済むことがあります。
こんなふうに考えてみると、都会よりも自然豊かな環境の方が太陽光発電をしやすいのではないかという気がしています。