太陽光は、再生可能でクリーンなエネルギーとして、その利用法が見直されています。
代表的なものとして挙げられるのが太陽熱温水器や太陽光発電です。
とくに、原子力発電所の稼働停止による電力不足や、地球温暖化防止のために太陽光発電の普及が求められています。
しかし、その設置には費用がかかることから、設置を検討するものの設置に至らないケースも多くあります。
そこで、国では補助金制度を設けることで費用負担を軽減して、その普及を促進しています。
また、国だけでなく各自治体においても補助制度を設けているところがあります。
群馬県においては、太陽光発電システムの単独設置に対する補助金制度は設けられていないのが現状です。
ただ、太陽光発電システムと、その他の省エネシステムを複合的に設置する場合には、申請により補助金が支払われます。
この複合的な設置により、家庭からの温室効果ガスの排出量をさらに抑えることが狙いとなっています。
省エネ化は益々求められることから、群馬県内の太陽光発電システムやそのほかの省エネシステムの設置は、今後さらに広まっていくでしょう。